前へ
次へ

安全で健康な食生活を送るために

私たちが口にした物は、私たちの命になります。
健康を考える上で食はとても大切です。
誰もが安全なものを食べたいと思っています。
外食で出された料理を食べる時や、スーパーで食品を購入する際に、危険かも知れないと考える方は少ないでしょう。
私たちは、提供される料理や食品を、疑いなく摂取しているのです。
これは、私たちと食品事業者の間に、食の信頼性があるということです。
しかし、最近は輸入食品の汚染や添加物の問題、原産地の偽造や賞味期限切れなど、食の安全性に問題が発生しています。
そこで、2015年4月1日に食品表示法が施行されました。
食品によって猶予期間があるので、すべての食品表示が一斉に変わったわけではありませんが、このような制度を目安の一つとして、各自が食の安全性に注意しなくてはいけません。
安全で健康な食生活を送るためには、食の安全性について正しい知識を持ち、食品を選ぶことが大切です。
面倒くさいと感じる場合は、ほんの少しだけ今までの習慣を見直して、段々と安全な食生活にして行きましょう。

Page Top